アッと驚くカメ五郎の日々

テンプレ変えて、心もブログも心機一転だよ!

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィールド模索レポート3

2010-06-20
未分類
沢の方は軽装備だったので深入りせず、川の本流に来ました。


水が綺麗なので、飲み水として使っても恐らく問題ないでしょう。
ただ、気がかりなのが食材の方。こういう上流粋の魚は警戒心が強い上、中流下流粋と違って、魚の生息数自体も少ないです。
釣竿無しではかなり厳しいところです。
ここでやる場合は、魚は基本、獲れないと割り切って考えておかないと大変かもしれない・・・

でも魚の代わりになりそうな食材はなきにしもあらず


おたまじゃくしです。これは恐らくヒキガエルのおたまでしょう。
しかし、ヒキガエルはブフォトキシンというを持ってるから安心な食材とは言い難いですね。
おたまのときは毒を持ってないのですが・・・もしかしてもありますからね。


小さい松もいくつか生えていました。
松脂は燃料として使うこともできるし、松の新根や甘皮は食べることもできます。
これくらいの若木なら使い勝手も良いので、これは良い物を見つけました。
正直、こういう場所は多摩川と違い湿気が高く、なかなか火を点けられないだろうと感じてましたが、
松という良い着火材があるのでその心配もなくなりました。


どうやら他の方々のBBQ跡のようです。
網や串などのゴミが放置されてます。
やはり、人の来るところゴミありですね・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © カメ五郎 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。