アッと驚くカメ五郎の日々

テンプレ変えて、心もブログも心機一転だよ!

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバンギセルティー

2012-09-19
未分類
秋です。
そろそろ山や林、緑地公園などで木の実がちらほらと結実する頃ですね。
新緑の春。結実の秋。ということで、何か木の実を使った料理を作りたいと模索中でございます。
まだ振り返るには早いですが、今年はいろいろあって自給自足生活が製作困難になってしまいました。
誠に残念ではございますが、その分を自然を食べよう!等の短編でカバーできたらと考えております。
まぁまだ生活を断念したわけではありません。隙あらば、今年中に野営動画を撮れれば撮りに行きます。

話が変わりますが、つい先日、喉がとても腫れていました。
最初のうちは数日たてば治ると思っていましたが、かれこれ3日が経っても腫れと痛みが引きません。
あまりに痛むので近所の薬局に行って喉の薬を買ってこようと思い、車を転がしました。
しかし、その道中に何かを思い出したように進路変更。たどり着いたのは近所の里山でした。

DSC01558_convert_20120919162930.jpg
【ナンバンギセル】
科名:ハマウツボ科/属名:ナンバンギセル属
和名:南蛮煙管/学名:Aeginetila indica
北海道~沖縄までの日本全土に自生

ススキ、ミョウガ、ギボウシ、サトウキビなどの根に寄生。
秋8~9月に、根に寄生して花柄を伸ばして先端に横向き~下向きに、淡紅紫色の花を一つつける。
栄養源は寄生主に完全に依存しているため、自分で光合成は行わない。

里山のススキ密生地帯を掻き分ければ、地面から顔を出してるナンバンギセルの花が見つかります。
ツイッターで行っている「小さな自然コラム」でも紹介した本種ですが、薬草としての効能をもっています。
薬効は強壮、喉の痛みまたは腫れ、に効果があるので喉の腫れた今の私には打ってつけの植物です。
さっそく採取して、薬草にしましょう。

DSC01647_convert_20120919163143.jpg
薬草として使い方は、花が咲く頃の全草を採取して日干しにします。
日が出ているときは日光で日干しにしますが、今回は天気が悪かったため、保温電球等で一時的な日干しを行いました。


DSC01684_convert_20120919163242.jpg
こちらが数日間、日干ししたナンバンギセル。カリカリに乾燥してしまい、随分とボリュームが減りました。
これで薬草としての調整は完了しました。


DSC01685_convert_20120919163319.jpg
あとは必要に応じて、湯で煎じた物を一日に2回か3回に分けて服用します。
大体、10gに対して0,3ℓの湯が良い感じなのではないでしょうか。
なんとなくの目安ですが、強壮効果もあるため、あまり濃い状態での服用は控えた方がいいと思います。


DSC01686_convert_20120919163357.jpg
湯を注いだら、さっそく禍々しい色になりました。
最初は紫色でしたが、時間が経つにつれ、紫を通り越して黒っぽい色になりました。


DSC01687_convert_20120919163453.jpg
とりあえずこれで完成です。ものすごい色をしてますね。茶碗の底が見えないです。
色としては、赤ワインのような色をしてます。
臭いに関しては、なんだかシメジを湯通ししたような臭いです。
味はどうなのでしょうか?・・・うむ、想像していた通りの味でした。シメジを湯通しした後のお湯みたいです。
とにかく、キノコ臭しかありません。植物なので青臭いのかと思ってました。

なにはともあれ、これで私の喉はもう大丈夫でしょう。
もっとも、薬草を作っている最中に喉の腫れは治まっていたのですが・・・。
スポンサーサイト

動画UPしました。

2012-09-01
未分類
今年も夏が終わりました。
思い返してみると、色々なことをしたけれど、色々と課題が残る夏でした。
まあ主にカメラロストが一番、ダメージでかかったのですが・・・。
他にも色んなしがらみに頭を抱えたり、悩んだりすることもありました。
私はただ、やりたいことを最大限にやりたいだけなのに・・・。
どうしてこうもメディアは私に枷を掛けてくるのでしょうか?
さて、そんな湿っぽい話は別としまして、「自然を食べよう!」の新作を無事にUPすることができました。





今回の自然を食べよう!の舞台は、去年の春、自給自足生活でお世話になった伊豆七島の一つ「新島」での撮影です。
本来、新島に来たのは『自給自足リベンジ!~あの憎らしい海をもう一度~(仮)』の撮影のために来ていたのですが、水中撮影用のアクションカムを波にさらわれてしまいロストしてしまったがため、急遽、撮影された代物であります。
最初は、水中の撮影ができなくなったからどうしたものかと考えた結果、魚はカエル、貝類はカタツムリ、海老や蟹はバッタ、海藻はアシタバで代用し、結果的に海に入る必要はなかった!的な動画にしようかと思いましたが、それではリベンジも糞もないということで却下。時には「いさぎよさ」も必要です。
クッカーは私と同伴したバディ(私が海で溺れないように見守る役目の人)の食事ために私が持ってきたものですが、急遽、私も使用することになりました。
そういえば、撮影が中止ということになり、バディにも迷惑をかけてしまった・・・。申し訳ない。

大型ロケの中止という残念な結果はありましたものの、新島は非常に楽しい島でした。
自然を食べよう!のロケ終了後は、ひたすら観光三昧です。

20120711105813(1)_convert_20120901015016.jpg
新島を代表する海岸である羽伏浦海岸の断層上でたそがれてみたり・・・


20120711105243(1)_convert_20120901015105.jpg
新島で採れるコーガ石で作られた記念碑の前でダブルピースをかましてみたり・・・

そんなこんなで余ったひと時を存分に楽しむことに費やしました。
宿泊していたキャンプ場で出会ったお兄さんから大きなワタリガニを貰ったり
お返しに動画で作ったカエルのスープをおすそ分けしたり
同伴したバディと夜に『石の動物園』というなかなかにエキゾチックなところを観光したり・・・。
動画撮影としては悔いは残るかもしれないですが、一個人としてはとても楽しい夏の思い出でありました。


【プロデューサーさん!再開ですよ!再開!】

はたして誰が待ち望んでいたであろうこの動画。『どうしてこうなった!!』がUP再開されたのでした。



今回も本来の目的である虫取りを行いません。今回は漢の料理編の前編となります。
ずいぶん前の回に採取していた山菜とキノコを使って腹を満たしましょう。
この動画を撮影したのが去年の7月、そして今年の夏が終わるというのに未だに未完の本動画、どうしてこうなった・・・。
しかもこのシリーズ、今回の西丹沢が終わってもあと二つのフィールドが撮り溜めしてあります。打ち切りも視野に入れましたがデータがもったいないためUPしていくつもりでいます。
この終始gdgdなシリーズがまだまだ続くだなんて・・・。これがこのシリーズの恐ろしいところなんですよ。

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © カメ五郎 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。