アッと驚くカメ五郎の日々

テンプレ変えて、心もブログも心機一転だよ!

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山のアスパラガス採り

2013-06-25
未分類
今年の梅雨宣言はとても早かったにもかかわらず、カラッとした晴天広がる梅雨。
例年でも早い梅雨入りで例年でも類を見ない小雨量という、なんとも皮肉な走り出しとなりました。
しかし、いままでの晴天分を補うように台風4号が日本列島に向かっているとのこと。
この時ばかりは、台風でも恵みとなるでしょうね。

そんなこんなで、関東が雨雲に覆われるちょっと前の晴天の日、近所の山へシオデをを求めてやってきました。
DSC01337.jpg
シオデ【牛尾菜】

サルトリイバラ科(ユリ科)シオデ属

北海道~九州の山地、原野に自生する多年性つる植物。雌雄異株であり、別名『山のアスパラガス』と呼ばれる。
春になると地面から茎が伸び、やがて葉脈から出る托葉(たくよう)から変化したつるが他のものにからみつきながら生育する。
夏になると葉の脇から長い花茎を出して、淡黄緑色の小花を球状につける。雌株は秋になると、球形の液果が黒く熟す。
山形では山菜の王といえば本種である。また、秋田県の民謡に『ひでこ節』という歌があるが、この歌は本種を採取する様子を歌ったものである。

シオデはクセがなく非常においしい山菜なのですが、シオデは群生しないため大量に採取することは出来ません。
そのため、タラノメやウルイ、ウドのように市場でもなじまれる山菜にはなれませんでした。
その昔、山形のとある道の駅にシオデが売っておりましたが、そのときの値段が200gで2500円位・・・ひえー。
最近では人口栽培の研究がされていますが、種子栽培となると、非常にコスパが悪いためまだまだ市場で見かけることは出来ないでしょう。シオデの種は発芽するまでおよそ1年6ヶ月の休眠に入ります。その後、茎が満足な太さに成長するまでおよそ7年もの年月が必要となります。ここまで単純計算で8年6ヶ月の計算になります。
さらにシオデは採取した翌年の発芽率は悪くなります。そのため、安定した供給を行うには隔年収穫となってしまいます。いくらおいしくてもここまで実入りの期待が持てないのでは、まだまだ栽培も難しいでしょうね。

そんな貴重な山菜ですので見つけるのもなかなか骨が折れました。
DSC02221_convert_20130624141833.jpg
とはいっても、この株は少し成長が進んでしまっているし、茎自体もまだ細いですが、これでも十分おいしくいただけます。
成長が進んでいる株は、根元から採取するのではなく、やわらかい先端を採取するようにしましょう。
そうすれば脇から新しい芽を出して成長します。



DSC02219_convert_20130624140815.jpg
全ての葉脈から2本のつるが対になって出てきています。
これを他の植物に絡ませながら成長していきます。
また、シオデ生育しているをころには、同じサルトリイバラ科のヤマカシュウとサルトリイバラが生育する。
サルトリイバラは葉の形がシオデより丸い卵型をしており、茎に鉤爪状のトゲが生えるので判別できる。
ヤマカシュウは見た目がシオデとよく似ているが、茎に細いトゲがたくさん生えているので判別できる。しかし、ヤマカシュウには『トゲナシヤマカシュウ』という種も存在するため非常に面倒なやつです。



DSC02224_convert_20130624201602.jpg
葉っぱの影でシュレーゲルアオガエルが夜の合唱に備えてお休み中でした。
シュレーゲルアオガエルはモリアオガエルと同じように泡状の卵塊を作りますが、モリアオガエルは畦からせり出した草木に作るのに対して、シュレーゲルアオガエルは畦沿いの土の中に産みつけます。



DSC02215_convert_20130624202230.jpg
モミジイチゴの実もなっていました。こちらの実もおやつとして採取していきます。
モミジイチゴは葉の形がモミジの形に似ているのでこのような名になりました。また、他の野イチゴと違って黄色い実をつけるため『黄イチゴ』という別名もあります。
モミジイチゴは東日本に生育しており、近畿以西~九州に生育するナガバモミジイチゴの変異種です。
種としては分けられていますが、どちらも同じように実は食べることができます。



DSC02120_convert_20130624210236.jpg
こちらはウグイスカズラの実です。この赤い実も食べることができます。おやつとして採取しましょう。
本州~九州の山地に分布する日本の固有種。3mほどの樹高の木になります。
似たような赤い実をつけるヒョウヤンボクという植物もありますが、ヒョウタンボクの実は有毒ですので間違えないように注意しましょう。



DSC02225_convert_20130624211416.jpg
なんだかんだ道がそれてしまいましたが、本来の目的である良質なシオデにようやく出会えました。
DSC02229_convert_20130624211559.jpg
これでもまだ細いほうですが、これくらいの太さになると山のアスパラガスと呼ばれるのも分かるような気がします。
DSC02228_convert_20130624211450.jpg
地面から発生してからまだ葉をのばしていないシオデの先端部。
アスパラガスの先端みたいです。


DSC02231_convert_20130624232646.jpg
なんだかんだでシオデ採りは終了。今回はこれくらい採取できました。
しかし一日中、山中を歩き回っても良い太さのものに出会えたのは2本だけ。
やはり貴重な山菜です。
まぁシオデをメインで狙って山に入っても一本も取れないことなんて良くあることです。山菜取りのうまい人ですら、シオデはメインでなく他の山菜を採取する際に一緒に狙うという方法の人がほとんどです。
そういった事情の中、2本も採れただけでも十分でしょうね。



DSC_0127_convert_20130625030203.jpg
そんなこんなで採取に苦労したシオデは塩湯でして酒の肴になりました。
うーむ、さすがは山菜の王様。いやなクセはなくさっぱりとしたおいしさでした。
スポンサーサイト

コメント

No title

いつも動画・ブログを楽しく拝見しております。
シオデの名は知っていましたが、8年半もかかるとは初めて知りました。

子供のころ、キイチゴの赤と黄色の実をそれぞれとって食べた記憶があり、懐かしくなりました。

今回の採取風景も、もしあるなら動画で見られればうれしいです。

応援してます。これからもがんばってください。

山のアスパラガス!!

シオデ?
食べられる野草の本で調べてもなかったでした(>。<)・・・。
シオデかぁ~。食べてみたい~!

春は、ツクシとヤブガラシと(クワ)しか食べれなかったもんな~。
夏は、「実類」を探してみよ!
それが、今年の夏の課題だ~!!

では、またコメント書きます(o・・o)/!


No title

『モミジイチゴ』ですか~・・・
九州には無いラズベリーですね~

キノコもそろそろ出始める季節ですね!
動画楽しみにまってま~す!

No title

いつも勉強になります。。
おいしそうですね~!
これを肴にカメ五郎さんと一杯やりたいです♪

相談なのですが、カメ五郎さんのブログと動画を
紹介する記事をブログ内で書いてもいいでしょうか?
もし問題等あれば連絡いただければ即対応するので
許可をいただきたく思います^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どこでそんな知識を?

うーん美味しそう。お酒は神亀の純米ですかね?

ワタシも山菜採りしたいなと思い本を買ったのですが、実際に山菜を前にしても
「100%これで正しい、食べても大丈夫」という自信がありません。
同じ特徴を持った毒草かもしれない、という不安が捨てきれないのです。

自分の選んだ山菜の成否を判定してくれる人が欲しいのです。
カメ五郎さんはそういった第一歩はどこで勉強なさったのでしょうか?
もしかしてすべて自分の身で学んでいったのでしょうか・・・

No title

きれいな写真ですね。自然にハッとさせられます。

動画のカメトークも大好きですが、
写真も楽しみにしてます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

慣れですかね?

コンニチは、動画楽しく拝見させてもらってます。先日、自宅近くの林でフユイチゴを採取して食べました味は申し分なかったんですが数時間後リバースw、毒草ってことじゃないと思うのでやっぱりお腹は慣れでしょうか?

Re: 慣れですかね?

> コンニチは、動画楽しく拝見させてもらってます。先日、自宅近くの林でフユイチゴを採取して食べました味は申し分なかったんですが数時間後リバースw、毒草ってことじゃないと思うのでやっぱりお腹は慣れでしょうか?

慣れですね。毒がない食物でも食べなれていないものをいきなり大量に摂取すると稀に拒否反応を出すことがあります。最初の内は少量に止めるか、ジャムなどの熱を入れた加工を施すと良いかもしれません。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © カメ五郎 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。